地図屋・仕事のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 「厄年」のこと

<<   作成日時 : 2017/01/19 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

知り合いがSNSで、後厄のお札を返しに行ったという投稿をしていました。

そう言えば、自分は非常にお馬鹿で、厄年(本厄ね)は数え年だということに全く気付かずに一昨年を過ごしました。当然、厄払いの祈祷など全くやってもらってません。

で、それに気づいたのが年が明けて後厄の昨年。もうこの期に及んで後厄のお祓いも何もないやと、初詣だけして済ませてしまいました。強いて挙げれば、毎年欠かさない川越大師喜多院の初大師だけはきちんと行って、だるまを納めて、また買って…を繰り返しています。

結果的に、自分の身の上に何かあったかと言われると…昨年末、後厄年の最後の最後にインフルを罹患はしましたが、特段おかしなことは起きませんでした。

もっとも、本厄の年に親の癌が発覚しての手術がありましたし、後厄の年には祖母が亡くなりました。身の回りの災厄ではありますが、それを自分が引き起こしたのか、厄払いをしなかったからかと問われると…どうなのでしょう?

こういうのってひょっとしたら、どうしよう…どうしよう…って心の中で迷いまくるのが、実は一番いけないのかもしれません。あっけらかんと、あぁそんなこともあったっけ? なんて、あまり気にもかけない方が何のことはなく過ぎて行ってしまい結果オーライだったとか…世の中、むつかしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は全く気にせず過ごしていますが、無事に生きています(^_^;)。
台鐵武士
2017/01/21 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「厄年」のこと 地図屋・仕事のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる