地図屋・仕事のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 人身事故に巻き込まれた

<<   作成日時 : 2009/02/08 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あと1駅で降りるはずだったんですが…残り1駅間に1時間かかったでござるの巻(-_-;;

コーヒー豆、底をついてしまいました。当初、泳ぎに行くついでに買う予定でいたんですが、朝起きたらばまぁ、北風の強いこと強いこと。自転車での往復を断念し、逆方向へ電車で向かってついでに食事…というプランに急きょ変更しました。

13:03、定刻通りに準急川越市行きは志木を出発します。昼下がりのまったりとしたけだるい空気が車内に充満しています。と、そこまではよかったんですが、ふじみ野駅到着直前、なぜか大減速。それこそ、ダイヤ上は日中抜かれるはずのないここで、抜かれるために待避するんじゃなかろうか? と思うくらいにです。でも、ポイントレールはカーブ方向にシフトしておらず、抜かれないポジションで停車しました。この減速で何か変だなとは思いましたが、駅に着いて騒がしい構内放送で事故が発生したことを知りました。時間的にはまさに、大減速したそのタイミングで発生したようです。

しばらくの間、放送は時刻を1時間間違えてアナウンスし続けていましたがまぁそれはともかく、発生時刻から見てどうも川越駅下り線でやっちまった様子。先行の準急か急行がドッカンしているようです。すぐ後を追っかけてきていた急行は、普段なら抜かれ待ちするはずの線路に強引に引き込まれ、準急と急行の停車ポジションは皮肉にも普段と正反対になって、仲良く待ちぼうけ。救出困難でレスキュー隊出動要請の放送が…この時点で30分以上動かないのは決定です。

時間がもったいないので、下車後済ます予定だった買い物を、ここで済ませてしまいます。かつて使っていた駅だけに、駅に隣接してスーパーがあることを知っている上、定期券利用なので途中下車もOK。改札機こそ電源が入っていて出入りは可能でしたが、それは私が定期券ホルダーだったから。実際には券売機が全部「発売中止」になっていて、非定期客は完全に閉め出し状態で実質改札封鎖。どうりで、車内もホームも人があふれないはずでした。

残り1駅、歩けば20〜30分なのはもちろん分かっていますし道もそらんじているので全然問題ありません。が、事故後の復旧が気になるのと、何よりも風が強くて買い物袋をぶら下げてそれだけの時間、人身事故の巻き添えで寒風に耐えて歩くのは馬鹿馬鹿しいので、買い物が終わったら再び改札を入って、車内で粘ります。結果、ほぼ1時間後にようやく運転再開。ただし、川越駅ホーム上で現場検証中とのことで、駅接近時減速予告アナウンスがありました、まぁ、私はその手前で降りちゃうので関係ありませんが。って言うか、ホームで検証って…飛び込みか?

今日はそれでも、切羽詰った用事があるわけではなく、買い物終えてあとは自宅に帰るだけだったので落ち着いてのんびりもできましたけど、1時間のロスは何とももったいない話。結果論ですが、事故発生直後あるいはレスキュー出動が判明した時点で歩き始めていたら、寒さと疲れはどっと出ましょうが、もっと早く帰れていたかもしれません。

しかしなぁ…志木までの往復はたかだか25分程度。その間に人身事故にドッカーンってすごい低確率だと思うんですが、こういう当たりのよさは困ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人身事故に巻き込まれた 地図屋・仕事のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる