地図屋・仕事のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形旅、つまみ食いメモ・3

<<   作成日時 : 2006/11/01 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

翌朝、超のつく早起きをして朝風呂。体を温めたところで寒い外でも元気に開かれている朝市へ出撃。とにかくこの雰囲気は独特で、言葉で言い表せないぬくもりを感じる。つい雰囲気に呑まれてなめことシソ巻きを衝動買い。そんな中でも、お構いなしに一番バスは朝市会場にズケズケ入り込んでくる。開いていた店も一旦縮小しないと通れないくらいの幅しかない道路で、両者はきちっと同居しているのだから恐れ入る。朝食後にはタダ券をもらって1軒先の外湯へ。ものの10数メートルしか離れていないのに、こちらの独自源泉は無色透明。まったく異なる湯が至近で両方楽しめるなんて、さすがはカルデラ内部だと実感。

チェックアウト時にメモ帳を頂戴して改めて温泉街をぶらつき、10時過ぎのバスへ。昨日と異なり若いドライバーで、新幹線接続を意識していたのかものすごい飛ばしよう。戻りはわずか7分の遅れで済んだ結果、予定通りの新幹線を掴まえることができ、行程をいじる必要もなくなった。ただ、弁当が入手難でうっかり車内販売で購入したら、地元でも何でもない、NRE謹製のどこでも売っている幕の内を渡されてしまい、ガッカリ。山形でこれを捨て、上ノ山〜赤湯手前の信号所まで着席できて弁当。この先はそれほど長くないが米沢盆地を一望できる区間で、ここで親子連れに席を譲り左側を望むために移動。さらに米沢でも乗り換え、今度は福島盆地を眺められる左側を確保。しかし早起きがたたって、板谷越えはかなり眠気を感じる。1日数本しか止まらない峠駅では、今も変わらず力餅売りがホームに立って営業中。車掌もドア扱いをワンテンポ遅らせてくれる配慮つき。思ったよりも、福島盆地を眺められる区間は短かった。

長いす電車を福島〜郡山〜黒磯と乗り継ぎ。前者は4両で着席可能だが後者は2両で本来ワンマン、先頭でやはり大人気なくカブリつき。安達〜二本松で、どういうわけか常磐線に投入中の新型車両5両編成とすれ違う。黒磯ではマックスコーヒーの存在に驚きつつ、一旦改札を出てSuicaグリーン券初購入・初利用。財布にはSuicaとは別にICクレジットカードも同梱してあったが、グリーン車のタッチセンサは問題なく機能した。宇都宮での待ち合わせ中、眠気覚ましにとドリップ式の自販でホットコーヒー、しかしまぁ久々にこの類いを飲むが、薄くて薄くて…。この間に貨物列車に追い抜かれた。「モノ」に快速が抜かれるのは気分のいいものではないが、この先宇都宮貨物ターミナル駅で再度抜き返した模様。この辺りまで来ると日没で真っ暗になり、スペーシアきぬがわとのすれ違いもやっとこさ分かる程度。生のなめこが手元にあるので、急きょ予定を変更して実家に直接向かったら、予想外に男鹿から祖母が来ていてまだ帰っておらず対面を果たせたばかりか、自分の土産の肘折なめこも味わってもらえた。もう1晩東北なまりでの会話が続き、あまり帰ってきた気がしない帰宅となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クレジットカードの特典と比較
空港のラウンジに無料で入れるカードやガソリンがリッター10円も安くなるカードなど、私も ...続きを見る
クレジットカード
2006/11/02 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山形旅、つまみ食いメモ・3 地図屋・仕事のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる